クルマの車検を最も安く上げる方法のひとつにユーザー車検があります。これはクルマのユーザー自身が自ら陸運局、軽自動車の場合には軽自動車検査協会に出向き、法令で決められている基準にお乗りのクルマが適合しているかどうかの検査をうけることをいいます。本来は使用車本人が行うことがユーザー車検ですが、家族などが代理で行うことも可能です。さらに代行業者が行ってくることもあります。ただしこの場合は代行手数料が発生します。


本来車検の必要経費は重量税、自賠責保険、印紙代のみですので自分で点検をして確認をして車検をうければほかに費用はかかりません。ただ合格しない場合にはメンテナンスをして持ち込み直しになることもありえますので注意は必要です。事前点検の項目としてはドライブシャフトの点検、ライト関係の点検、ワイパー、発炎筒、マフラーの点検、ステアリングのバランスの点検、タイヤ、クラクションの点検などが有ります。そもそも車検を受けるときには業者の道込みは下回りをきちんと洗っていくようにしていますので最低限の礼儀としてクルマは足回りを洗車場などで高圧洗車してから持ち込むことが必要です。またタイヤに溝が残っていてスリップサインが出ていない状態であることも基本的に必要です。ステアリングのバランスは80キロ程度で高速運転をしたときにステアリングがふらふらするようなことがなければ問題ありません。


タイヤはホイールカバーがついていてナットの締まり具合が目視できない状態の場合には外して持ち込みます。ライトは切れていなければ大丈夫ですが後付で高度の強いものを装着していた場合には純正品にもどしてやる必要があります。ワイパー、ホーンなどは機能すれば問題ありませんが、意外にわすれるのは発炎筒です。きちんと搭載されていることを確認することが重要です。マフラーはきちんと装着されていることが必須です。外してあったり破けて音がでるというのはパスしない可能性があるので要注意です。ドライブシャフトは基本的に目し項目といって目で見て問題がなければそれでOKとなるものです。高年式車の場合にはこれだけの項目を自ら確認して問題なければ車体の汚れを落して奇麗な状態をたもっているかぎり殆ど検査に不合格になることはありません。書類提出と実車のチェックを含めてはやければ待ち時間を含めて2~3時間で終るのが基本です。コストにこだわるのであれば自ら検査に持ち込んでみてはいかがでしょうか。