厳選!香典返しにカタログギフト6選

トップページ > 香典返しのカタログギフトについて > 香典返しのカタログギフトの利点や送り方について

香典返しのカタログギフトの利点や送り方について

受け取った相手が好きなものを選ぶことができ、贈る側は品物選びで悩む必要がないことから様々なシーンで利用されるようになったのが、カタログギフトです。
冠婚葬祭時にも利用されており、香典返しとしてのニーズも高くなっています。
品物だけではなくサロンやスパなど体験型のカタログがあったり、食品に特化したものがあったりと選択肢が豊富だからこそ、香典返しに適している内容のカタログを選ばなくてはなりません。
カタログギフトの中にはおめでたい時の祝いやお返しとして適しているカタログも多いので、香典返しとしてふさわしい内容と表紙かという点はしっかり確認しておくべきです。
料金も様々なので、受け取った金額に合わせて最適なカタログを選ぶことができるというのも大きなメリットではないでしょうか。


香典返しは本来は直接渡すことがマナーとされていましたが、近年では遠方に住んでいる人も増えたこともあり、郵送にしても問題はない時代となりました。
配達方法には宅配便とメール便があり、宅配便は配達員が相手に手渡ししますが、メール便はポスト投函となっています。
宅配便は熨斗を掛けて包装にも包み、届ける日時の指定もできるのでより丁寧な印象を与えることができますが、メール便よりも送料は高額になります。
しかし改まったシーンということもあり、宅配便を選んでおいた方が良いケースが多いです。
ですが、多忙な人でいた家にいるかわからないとなれば宅配便は受け取りが難しいこともあります。
相手の都合に合わせて、宅配便かメール便かどちらが良いのかを考えて選んでおくと良いのではないでしょうか。


郵送する場合には感謝状もつけてお礼の気持ちと、直接持参できないことに対するお詫びも書いておくようにしましょう。
カタログギフトを贈ることにより、どんな趣味思考かわからない人に対しても不安になることなく香典返しをすることができます。
近年では葬儀のスタイルが自由になっていることも影響され、香典返しを葬儀当日に行ってしまうというケースも増えています。
その際にもカタログギフトならかさばることがないので、持ち帰りで大変な思いをさせてしまうこともありません。
その際にはいただく金額に合わせたカタログを渡さなくてはならないので、いくつか準備しておくことになります。
カタログを発行している業者により、カタログの内容にも違いはあるのでよく比較して選ぶようにすることが大切ではないでしょうか。

カテゴリー

PAGE TOP