厳選!香典返しにカタログギフト6選

トップページ > 香典返しのカタログギフトについて > 香典返しのカタログギフトの選び方

香典返しのカタログギフトの選び方

香典をいただいた人には香典返しを行うことがマナーですが、その際には品物選びや金額に注意しておかなくてはなりません。
香典返しの相場は基本的にはいただいた金額の半額程度であり、品物は後に残らない食品や消耗品を贈る事が基本となっています。
後々送るだけではなく当日持ち帰ってもらうというケースも増えており、その場合にも役立つのがカタログギフトです。
受け取った本人が好きなものを選ぶ事ができるというだけではなく、かさばらないというのは大きな利点ではないでしょうか。
カタログギフトと一口に言っても様々な種類があるので、香典返しにふさわしい内容のものを選ぶようにしておく事が大切です。
金額に関してもいただいた金額より高額にならないように、しっかり内容をチェックしておきましょう。


葬儀を依頼した業者でも香典返しの品物は準備されていますが、カタログギフトがあるばかりではありません。
もちろんカタログギフトがある場合でも、内容がイマイチということもあるのでその他のカタログギフトの存在も確かめチェックしておくようにしましょう。
身近な人が亡くなって深い悲しみに襲われている中で、香典返しのことを考えるのは簡単なことではありません。
だからこそ相手に選んでもらう事ができるカタログギフトは、受け取る側だけではなく贈る側にも利点があるアイテムと言えるのではないでしょうか。
カタログギフトは現金や商品券とは違い、贈る際にはっきりとした金額を相手に知られないという特徴があります。
しかしある程度相場はわかってしまうので、金額に十分気をつける事が必須ではないでしょうか。


目上の人に対して贈ると失礼に当たってしまう香典返しのアイテムも中にはありますが、カタログギフトは贈る相手を選ぶ事がなく誰もに失礼なく贈る事ができるというのが、大きなメリットではないでしょうか。
カタログギフトは品物を選ぶというイメージがありますが、それだけではなく旅行など体験型のカタログギフトも増えているので、より自由度も高く選択肢が豊富になっています。
贈る相手により内容は考える事が大切なので、しっかり考えておきましょう。
弔辞専用のカタログギフトを選べば、香典返しの定番のアイテムに始まりグルメに至るまで、香典返しとしてマナー違反にならない適したアイテムをセレクトして掲載してくれているので安心できます。
悩んだ際には専門となっているカタログギフトから選ぶようにしておきましょう。

カテゴリー

PAGE TOP