厳選!香典返しにカタログギフト6選

トップページ > 香典返しのカタログギフトについて > 香典返しのカタログギフトを選ぶ方法

香典返しのカタログギフトを選ぶ方法

受け取った相手が好きなものを選ぶことができ、選ぶ時と手元に届くまで二度楽しめるということや、贈る側が選ぶ手間を省くことができるなど双方に役立つのがカタログギフトです。
様々なシーンで贈られていますが、香典返しとして贈ることはマナー違反にならないか悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
基本的には香典返しでカタログギフトを贈ることはマナー違反にはならないので、よほどカタログギフトが嫌だという相手でなければ贈って問題はありません。
手を抜いているのではないかという後ろめたい気持ちになってしまう人もいますが、受け取った相手も不要な品物をもらってありがた迷惑になってしまうよりも、自分で好きなものを選べた方が嬉しいことは確かであり、後ろめたい気持ちになる必要はありません。


近年はカタログギフトの需要が高まっていることもあり、アイテムを選べるだけではなくグルメに特化しているカタログや、エステやスパなどの体験ができるカタログも増えました。
様々なニーズに合わせることができるというのが特徴ですが、香典返しの場合にはカタログの内容には十分気をつけておくようにしましょう。
故人を偲ぶ仏事なので落ち着いた色合いの表紙のデザインにしておくなど、雰囲気に合ったカタログギフトを選ぶようにしておくことが大切です。
どれが良いかで悩んだ際には、弔事専用のカタログギフトを選んでおくと間違いがないので安心することができます。
祝いのシーンで利用するカタログを選んでしまうと、マナー違反になってしまうので十分注意して内容を吟味しておくことが大切ということは間違いありません。


カタログギフトと一口に言っても、数多くのカタログが販売されているのでどれが良いかで悩むのは当然のことです。
近年ではカタログが割引されているものもありますが、その際には品質に注意しておくようにしましょう。
中にはカタログ自体が古いという理由で割引されているケースもあるので、内容は確かめるべきです。
もちろん中には流通経路で仲介業者を省いて、中間マージンが不要な分リーズナブルなカタログもあり、全てのカタログが問題があるというばかりではないのでしっかり比較して判断するようにしましょう。
カタログギフトも郵送することができますが、メール便ではなく宅配便で送った方がより丁寧な印象になります。
忙しい人で受け取ることが難しいとなれば、メール便の方が良いこともあるので気をつけましょう。

カテゴリー

PAGE TOP