厳選!香典返しにカタログギフト6選

トップページ > 香典返しのカタログギフトについて > 香典返しのカタログギフト選びとマナー

香典返しのカタログギフト選びとマナー

香典をいただいたとなれば香典返しを行うことが必須となりますが、その際にはマナーに十分気をつけておかなくてはなりません。
金額としては半額から三分の一程度が基本ですが、現金を贈ることは失礼でありマナー違反にあたるので避けましょう。
それだけではなく商品券も目上の人に贈ることはマナー違反とされており、失礼だと感じる人も少なくはないので気をつけなくてはなりません。
香典返しのアイテムは消耗品や食べ物など、消えて無くなるものが良いとされていますが何を贈れば良いか、相手の好みや趣味もわからず悩むことが多いです。
そのことから近年主流となりつつあるのが、カタログにはではないでしょうか。
受け取った相手が好きなものを選ぶことができるので、双方にとって魅力的であり利点がある贈り物と言えます。


カタログギフトは様々な種類があるので内容には気をつけておかないと、香典返しとしてはマナー違反とされるアイテムが含まれていることもあるので気をつけましょう。
香典返し専用のカタログギフトを選んでおくと、内容のマナー違反で相手を不快な思いにさせたり自分が恥をかくこともなくなるので安心です。
カタログギフトは受け取った相手が選ぶという楽しみがあるのも良い点ですが、希望したものを注文してから手元に届くまでに少し時間がかかってしまうことになります。
カタログギフトを贈る場合、すぐに手に取ることができるタオルやお菓子などの品物をもう添えておくとより良いのではないでしょうか。
近年のカタログギフトはアイテムだけではなく体験型のものを選ぶことができるなど、選択肢が豊富というのも大きな魅力です。


香典返しは本来直接手渡しし、感謝の気持ちを伝えることがマナーとされていました。
しかし現在では遠方に住んでいる人も多くなったこともあり、郵送でもマナー違反ではないと考えられるようになっています。
カタログギフトも郵送でもマナー違反にはなりませんが、その際には送ったことをあらかじめ電話で伝えるようにし、感謝の気持ちも伝えることは忘れてはいけません。
感謝状も添えておくことでより気持ちを伝えることができますが、どんな内容にするのかもしっかり考えておきましょう。
近年ではありとあらゆるカタログギフトが存在しており、選択肢が多いというのは良いことです。
しかしカタログギフトには期限もあるので、注文を忘れる人がいることも考慮し期限が長めに設定されているのかという点もチェックしておくようにしましょう。

カテゴリー

PAGE TOP