厳選!香典返しにカタログギフト6選

トップページ > 香典返しのカタログギフトについて > 香典返しのカタログギフト選びのポイント

香典返しのカタログギフト選びのポイント

香典をいただいたら香典返しを贈ることになりますが、いざ贈るとなれば商品選びや金額など気をつけておかなくてはならないマナーは多々あります。
いただいた金額の半額程度にするのが一般的ですが、いただいた金額が高額という場合には必ずしも半額でなくてはならないというわけではありません。
もちろん現金を贈ることは失礼にあたるので避けるべきです。
商品券なら問題はない場合もありますが、目上の人に贈ることは現金同様に失礼にあたってしまうので避けるようにしましょう。
贈るもの選びで悩んだ際に役立つのが、カタログギフトです。
受け取った相手が自分の好きなものを選ぶことができ、要らないものを渡してしまい困らせてしまうということにもなりません。
カタログギフトでも、贈るタイミングや金額には注意しておきましょう。


一口に香典返しといっても様々な商品が販売されているので、どれを選ぶのかが重要になってきます。
香典返しのアイテムとしては、消耗品や食べたらなくなるものとされているので、カタログの内容にも注目しておくようにしましょう。
もちろんおめでたいシーンで利用するカタログもあるので、香典返しを専用としているものから選ぶようにしておくと、失礼にならずに済みます。
選ぶ商品の代金だけではなく、カタログの送料や商品申込みに必要なはがき代といったシステム料金も必要になってきます。
システム料金が予め含まれているのか、別途追加料金として必要になるのかという点はチェックしておくようにしましょう。
しっかりと比較してから選ぶようにしないと、相手にも失礼になってしまうので気をつけなくてはなりません。


半返しにするときには、システム料金は省いて考えるようにしておくことが大切です。
もちろんカタログギフトだけしか渡してはならないというわけではないので、それ以外に何か添えるものを付けても問題はありません。
その際にはトータルした金額で半額程度になれば良いので、高額になりすぎないように気をつけておくべきです。
カタログギフトは品物を選ぶというイメージがありますが、近年では体験型の商品も増えており様々なニーズに応えることができるようになっています。
どれを選んだら喜んでもらえるのかが大切であり、贈る相手のことを考えて選ぶようにするべきです。
老若男女問わず喜んでもらえて、選択肢のバリエーションも豊かなものとなれば選ぶ楽しみも増えるので、より喜んでもらえるのではないでしょうか。

カテゴリー

PAGE TOP