厳選!香典返しにカタログギフト6選

トップページ > 香典返しのカタログギフトについて > 香典返しのマナーやカタログギフトの利点

香典返しのマナーやカタログギフトの利点

香典を受け取ったとなれば基本的には香典返しをすることになりますが、その際には失礼にならないようにマナーには十分気をつけなくてはなりません。
現金や商品券はマナー違反になるので避けるのはもちろんのこと、香典返しにふさわしくないアイテムも豊富にあるので気をつけましょう。
一般的には消耗品や食べ物など、消えものを選ぶべきとされていますか相手の好みがわからないと、何を選んだら良いかで悩んでしまうのではないでしょうか。
そんなときに役立つとし近年特に注目を高めているのが、カタログギフトの存在です。
一昔前は香典返しでカタログギフトは珍しいとされていましたが、現在では定番の香典返しの一つとして定着しているので特にマナー違反になる心配もなく、気軽に贈ることができるようになりました。


カタログギフトにはアイテムだけではなく、グルメや体験型の商品も準備されており、受け取った相手が好きなものを選べるようになっています。
不要なものを受け取ってしまい困るということにもならず、食べ物で肉や魚など本来は香典返しとしてふさわしくないとされるものでも、受け取った側が自ら選んだとなれば問題はありません。
カタログギフトを香典返しとして贈る場合には、金額には十分気をつけておく必要があります。
基本的に香典返しは、香典で受け取った金額の半額から三分の一程度とされておりそれよりも高額になったり逆に少ない金額となれば、失礼に当たってしまうことになるので気をつけなくてはなりません。
カタログギフトは金額がはっきりわからないと入っても、おおよその目安はつくので金額には気をつけましょう。


金額を細かく設定することができ、選択肢が豊富というのもカタログギフトの良い点となっています。
しかしその際には、送料やはがき代といったシステム料は含まれているのかという点を確認しておかなくてはなりません。
基本的にはシステム料金はお返しの金額には含めないことがマナーであり、システム料金がいくらかは業者による違いもあります。
香典返しを専門としているカタログを選べば、マナー違反になってしまう心配もありません。
近年では他のカタログギフト業者との差別化を図るためには、システム料金は無料としているカタログギフト業者も増えました。
もちろん業者により選べるアイテムに違いがあったり、マナーに関して詳しいかそうではないかにも違いはあるので細かな点まで比較してから選ぶようにしておきましょう。

カテゴリー

PAGE TOP