厳選!香典返しにカタログギフト6選

トップページ > 香典返しのカタログギフトについて > 香典返しのマナーやカタログギフトの利点は

香典返しのマナーやカタログギフトの利点は

葬儀を執り行い香典をいただいたら香典返しをするというのがマナーですが、その際に悩むのが何を返せば良いのかや、どの程度の金額を返せば良いのかという点ではないでしょうか。
一般的にはいただいた金額の半額を返すとされていますが、三分の一から半額と考えている人が多く三分の一でもマナー違反にはなりません。
必ずしもいただいた金額の三分の一から半額でなければならないというわけではなく、高額な香典を頂いた時には、四分の一など更に少ない金額でも良いとされています。
もちろんお金を返すというのはマナー違反になってしまうので避けるべきであり、商品券なども避けておくようにしましょう。
近年では定番の香典返しとなっているのがカタログギフトであり、相手が好きなものを選ぶことができるので重宝されています。


カタログギフトと一口に言っても様々なタイプがあるので、内容をよくチェックして判断することが大切です。
香典返しに適した専用のものを選ぶというだけではなく、金額にも注目しておくようにしましょう。
いただいた金額に合わせて、高額になりすぎないカタログギフトを選んでおくべきです。
直接手渡しすることが基本的なマナーとされていましたが、近年では遠方に住む人が葬儀に参列することも多いので、郵送でも問題はないとされるようになりました。
現金などはそのまま郵送することができませんが、カタログギフトなら郵送も簡単で手間もかからないという利点もあります。
カタログギフトには期限も設けられているので、選ぶ際には期限に余裕があるものかという点も確かめるべきであり、割引されているカタログギフトは避けておくべきです。


金額ではなくお礼の気持ちが大切ということも、頭に置いておくようにしましょう。
一般的には四十九日から二週間以内が返しを送る期間ですが、近年では当日返しを行うケースも増えています。
当日返しの場合には、あらかじめどの程度の香典の金額が予想しておき、それに見合った半額から三分の一の返しを準備しておかなくてならなくなります。
大幅に金額が多いとなれば、後日改めてお礼の品物を送るなどもマナーの一つとして頭においておくようにしましょう。
カタログギフトだけでは味気ないと感じる人もいるので、他に何か添えるというのも一つの手段です。
その場合には、添えるものとカタログギフトの値段を合わせて、頂いた金額の半額から三分の一にしておくようにしましょう。
当然のことですが、郵送代は含めないのがマナーとなっています。

カテゴリー

PAGE TOP